かえでのまど

本の紹介、料理、ダイエットなど、日々のおすすめを書いてます。

『トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』ジェイソン・ファン

図書館で借りてきました。最近立て続けにダイエット関連本を読んでいます。

 

★発売たちまち大反響!
10万部突破!

★肥満大国アメリカを変えた! 異例の全米大ベストセラー減量本!
★アメリカAmazon.comで1900件以上のレビューを集め、
平均★4.7の高評価を獲得した信頼できる内容!
★日本の医師からも邦訳が待望された1冊!
★ダイエットでもっとも重要なのは「食べる回数」!
食べる回数を減らせば肥満ホルモンが減り、脂肪燃焼率が上がる
★膨大な研究結果から導き出した
もっとも効率よくやせる方法!

“食事量"や“食事内容"、“運動"より、「食事の回数」がはるかに重要だと語るのは、
世界的な減量医師のジェイソン・ファン氏。
「同じ食事量であっても、食べる回数が少ない人は圧倒的にやせやすい」と指摘する同氏は、
その背景に「肥満ホルモン」の存在があると明かします。
どんなに健康的な食べ物でも、またどんなに少量であっても食べる回数が多いと、
「肥満ホルモン」がたくさん分泌されて細胞に糖がたまり、脂肪も体にたまっていくのです。
そして恐ろしいことに、肥満ホルモンの分泌量が多くなると、体内に存在する「体重の設定値」も高くなることに。
こうなると、たとえ食事量を抑えたり運動したりして体重を一時的に落とせたとしても、
すぐに体は「高くなった設定値」に体重を戻そうとします。

本書では、そんな肥満ホルモンの分泌を効果的に抑える方法として、
カナダ・トロントの減量専門機関で絶大な効果を上げている「間欠的ファスティング」を公開。
この方法なら食事回数が無理なく減らせて体重設定値を低くでき、
空腹感もなく、太りにくい体質へとホルモンレベルで変化します!
始めの5日で体重が約1kg減り、体脂肪燃焼率は58%上昇。
半年で37kg減に成功した事例もあるメソッドです。

(本書で明かされる、肥満と減量の真実↓↓)
・「カロリー」を削っても減量効果は得られない
・「朝ご飯」をしっかり食べてもやせない
・「野菜をたっぷり食べる」に潜む大きなデメリット
・「糖質制限」をしても思ったほどやせない理由
・「脂肪」の摂り方次第で、体の減量速度を加速させられることも
・研究で判明した太らない睡眠時間は「7時間」
・「1日6杯までのコーヒー」には減量効果あり
・「枝豆」を食べると、糖が体から排出される
・どうしてもおやつが食べたいなら、「○○チョコ」を選ぶ etc…。

(アマゾン商品紹介より)  

 

ホメオスタシス(恒常性維持機能)や様々なホルモンがダイエットに重要な役割を果たしているんだな、などなど、目からうろこな本。

 

アマゾン商品紹介にもあるように、枝豆が良いとのことだったので、読み終わったその日の晩ご飯を早速枝豆にしてみた私でありました、、、。

 

商品紹介中にある「○○チョコ」とは言わずもがな、カカオが70%以上含まれているダークチョコレートのことです。

「ナッツ類」も一価不飽和脂肪酸や食物繊維が豊富なので体にいいとのこと。

コーヒーや緑茶などの健康効果についても述べられていて、大変勉強になった一冊でした。

 

高カカオチョコレートについて。

kaede-no-blog.hatenablog.com

ナッツについて。

kaede-no-blog.hatenablog.com

コーヒーについて。

kaede-no-blog.hatenablog.com

TOPへ