かえでのまど

本の紹介、料理、ダイエットなど、日々のおすすめを書いてます。

本-小説

好きな同年代小説家とおすすめ作品。

同年代作家の発掘をしています。 図書館で本を借りる時に、「世代的に自分と近い作家を探す」をテーマに発掘したりします。好きな小説と出会える確率が上がるような気がして、、、。 図書館で出会って以後ファンになった同年代作家と好きな作品を紹介します…

『ユージニア』恩田 陸

本はなるべく買わずに図書館で借りることにしています。ここしばらくは伊坂幸太郎の新刊だけは買ってしまいますが、この習慣もそろそろやめようかなと思っています。本棚がいっぱいになってきたのがちょっとストレス。断捨離実行中だからかな。 さて、1年く…

『続 横道世之介』吉田 修一

世之介にまた会えるなんて、嬉しい驚き。 『横道世之介』の時の世之介は、大学進学のため、九州から東京へ出てきたばかりの大学1年生。そんな彼の1年間、バブル景気の最中、普通の大学生の日常なのですが、読後感は胸があたたまる、私にとっては特別な作品…

『シーソーモンスター』伊坂 幸太郎 

伊坂ファンでなくても楽しめると思います。二編の小説(『シーソーモンスター』、『スピンモンスター』)から成る本作ですが、『シーソーモンスター』のほうはバブル景気を体験している世代は感慨深く読めるのでは。そうでないかたも今の日本とのギャップを…

『物件探偵』乾 くるみ 

日常の謎を解く小説を思い出した日。 『イニシエーション・ラブ』が読んでみたくて図書館の棚へ。ない。新しそうな本作を手に取ったところ、私の好きな間取り図が各短編のページを開くと載っています。不動産会社の広告風。住むわけでもないのに間取り図が載…

『終末のフール』伊坂 幸太郎 

イチローの引退で『終末のフール』を思い出しました。 スポーツはあまり見ないタイプです。森博嗣も「スポーツ観戦は趣味ではない、オリンピックも観ない」というようなことをエッセイで書いていて、ちょっとホッとしたことがあります。(マイナー側に立つこ…

『すべてがFになる』他 森 博嗣 

我が家にあるS&Mシリーズ。 本好きに欠かせない行動、おもしろい作家開拓。これ、自力でやろうとするとけっこう大変です。自分と同じ嗜好を持つ人のおすすめ、これが一番確かで近道かな、と思います。でも書店や図書館で棚を見渡しながら歩く時間もいいも…

『フーガはユーガ』伊坂 幸太郎 

フーガはユーガ 読了しました。 伊坂幸太郎 「フーガはユーガ」よかったです。 伊坂幸太郎ファンである私は発売直後に購入して読んでいたのですが、読み終わるのがもったいなくて、終盤近くで温存して他の本を読んでいました。結果、前半部分の記憶があいま…

TOPへ